名古屋市立大学交流会名古屋市立大学交流会

名古屋市立大学交流会名古屋市立大学交流会

文字サイズ

名古屋市立大学交流会会則
交流会について

名古屋市立大学交流会会則
名古屋市立大学交流会会則

目的
第1条 この会は、名古屋市立大学と社会を結ぶ組織として、名古屋市立大学の発展と社会への貢献を図るとともに会員相互の交流、親睦等を目的とする。
名称
第2条 この会の名称は、名古屋市立大学交流会(以下「本会」という。)とする。
事務所
第3条 本会は、事務所を名古屋市立大学内に置く。
会員
第4条 本会は、次に掲げるものをもって構成する。
   (1) 名古屋市立大学・同大学大学院、名古屋市立保育短期大学及び名古屋市立女子短期大学(以下「市立大学」という。)の卒業生、修了生その他市立大学に在籍したことのある者
   (2) 市立大学(名古屋市立大学医学部附属病院を含む。以下同じ。)に勤務したことのある者
   (3) 市立大学とゆかりのある者又は団体で、会長が必要と認めた者
   (4) その他本会の趣旨に賛同する者又は団体で、会長が必要と認めた者
役員
第5条 本会に、役員として、会長1人、副会長1人及び理事若干名を置く。
   2 会長は、名古屋市立大学学長をもって充てる。
   3 副会長は、名古屋市立大学事務局長をもって充てる。
   4 理事は、会長が指名する者とする。
監事
第6条 本会に、監事若干名を置く。
   2 監事は、理事会の同意を得て、会長が選任する。
 (役員等の職務 第7条 会長は、本会を代表し、その会務を総理する。
   2 副会長は、会長を補佐し、会務の執行を総括する。また、会長に事故あるとき又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。
   3 理事は、会務の執行を担当する。
   4 監事は、本会の会計を監査する。
任期
第8条 理事の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。
   2 監事の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。
理事会
第9条 理事会は、会長、副会長及び理事をもって組織し、会長が招集する。ただし、時宜により書面を以って理事会に代えることができる。
  2 理事会の議長は、会長をもって充てる。
  3 理事会は、次に掲げる事項を審議する。
   (1) 本会の運営に関する重要事項
   (2) 会則の改廃に関する事項
   (3) 事業計画及び事業報告に関する事項
   (4) 予算及び決算に関する事項
   (5) その他会長が諮問する事項
  4 理事会は、構成員の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。
  5 理事会の議事は、出席者の過半数で決し、可否同数の時は、会長の決するところによる。
事業
第10条 本会は第1条の目的を達成するために、次の事業を行う。
   (1) 名古屋市立大学への支援、連携及び協力
   (2) 懇親会、講演会等の開催
   (3) 会員への名古屋市立大学の情報提供
   (4) 名古屋市立大学における各学部等同窓会との連携及び協力
   (5) その他本会の目的に沿った事業活動
入会金等
第11条 会員は、所定の入会金を納入するものとする。
   2 前項の入会金のほか、本会は、賛助会費を徴収することがある。
経費
第12条 本会の経費は、入会金、賛助会費、寄附金その他の収入をもって充てる。
会計年度
第13条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
委任
第14条 本会の運営に関し必要な事項は、この会則に定めるもののほか、会長が別に定める。
附則
 この会則は、平成25年3月21日から実施する。