名古屋市立大学交流会名古屋市立大学交流会

名古屋市立大学交流会名古屋市立大学交流会

文字サイズ

ご挨拶
交流会について

ご挨拶
ご挨拶

「名古屋市立大学交流会」ご入会のお願い

 此の度、満を持して「名古屋市立大学交流会」が発足致しました。本会は、名古屋市立大学卒業生、大学院修了生、退職および退官された教職員、前身校に在籍された学生および教職員、等々の皆様、その他本学に強いゆかりを持っていただいた多くの皆様によって構成致します、全く新しい組織です。等しく、名古屋市立大学のさらなる発展に心を寄せていただけることを特徴としています。名古屋市立大学は、6学部7研究科を擁する都市型総合大学となり、この60年間に社会に送り出して参りました卒業生は28,000名を数え、地域の健康・福祉の向上や経済・文化の発展など社会貢献を実践している大学となりました。最近では、「Courage to Challenge(挑戦する勇気)」、「個の力を引き出す」をキャッチフレーズとして、本学の全ての教職員、学生が眼を見張る活躍をしています。これも多くの先達、関係諸氏の暖かいご支援があってのことと厚く御礼申しあげます。

 本学は、昭和18年に名古屋市立女子高等医学専門学校として発足し、昭和22年には、旧制「名古屋市立名古屋女子医科大学」が開学しています。その3年後の昭和25年には、すでに明治17年に私立の名古屋薬学校として設立された歴史を持ちます新制「名古屋市立名古屋薬科大学」と統合し、公立大学の「名古屋市立大学」が開学致しました。その後、昭和39年に経済学部が設立され、平成8年には、名古屋市立保育短期大学、名古屋市立女子短期大学、そして名古屋市立大学教養部の三つの組織の改組によって、人文社会学部、芸術工学部、自然科学研究教育センター(後の大学院システム自然科学研究科)が設立されました。そして平成11年には、昭和18年設立の附属看護婦養成所以来の歴史を持ちます看護学部が設置されています。

 本会は各学部、研究科にございます各同窓会組織とは異なり、本学各部局を越えた交流・連携をもとに相互の親睦を図ることで、現在本学に籍を置いている学生、教職員らとともに、本学の発展に寄与していただくことを目的としています。入会いただきました方には、ホームカミングデイ等各種イベントのご案内をさせていただくとともに、学内向けに発行しています大学広報誌をお届けすることで、本学の最新の情報に接していただくことが出来ます。

 皆様の交流会へのご入会を心からお待ち申し上げます。

平成25年吉日
名古屋市立大学交流会 会長
戸苅 創

02_pic01.jpg
名古屋市立大学交流会 会長
戸苅 創

関連情報
関連情報